top of page
検索

ケアプランAI推論システム開発へ挑戦!

更新日:4月10日

当社では日本マイクロソフトが世界で6カ所目の共創ラボ「Microsoft AI Co-Innovation Lab神戸」の共創プログラムへ応募し、Microsoftのエンジニアの支援を受けAI(GTP)やAzureを活用したケアプラン推論システムの開発に挑戦しています。


現状、AI(大規模言語モデル)による最適ケアプラン生成は難しく、的外れな回答がでてくるという意見が多い状況です。その理由として、それぞれ高齢者ごとに個別要望がある点、また最適ケアプラン定義が確立されていない点がある。また介護関連のインプットデータも不足しており効率的なAI運用には至ってない状況です。ケアマネジャーの経験値によるプラン作成を行っていると思われます。


今回、多くの事業所やケアマネジャーの協力を得て、現状できる仕組みでケアプランをテスト生成し、最適と思えるパターンをAIに定義する仕組みを構築し、現場で運用しながらケアプラン推論システムの開発に挑戦中していきます!ベータ版が準備できましたら、検証やデータ提供にご協力を頂ける事業所様、ケアマネジャー様にはテスト環境(無償予定)を提供させて頂きたいと考えております。ご要望がありましたら以下にメールをお送りください。 cbs@carebank.systems 件名: AIケアプラン検証



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page